賃貸で敷金なしの物件もある

賃貸で敷金なしの物件もあり、原状回復義務はあるので、一定料金にしているケースもあったりします。

Pagelist
賃貸で敷金なしの物件もある

賃貸で敷金なしの物件もある

賃貸物件を契約をするときお金はできるだけ少ないほうがいいと思って、敷金なしの物件を借りたとして、入居中に特に何もトラブルなく家賃も滞納して以内と退去するときは問題はないですが、原状回復義務があって、それにかかってくる費用はたいてい必要となります。そして一定料金にしているケースもあれば使用状況に合わせて料金が計算されるケースもあります。そして契約当初にお金を預け、そこからひかれるか、退去をするときにお金がかかってくるかどちらかです。それではお部屋を貸す大家さんの立場で考えてみると、高い建築コストをかけて建てた自分のアパートやマンションを貸したら、少しも家賃を払ってくれないということになったらとてもショックでしょう。

その為にやはり最初に何かあった時のためにお金を預かっておきたいです。さらに大家さんとしては1か月家賃を滞納したからといって退去してくれといっても実際には家賃を滞納した入居者に退去をしてもらうには数か月かかってしまうでしょう。それをかんがえてみれば、最初にあずかって億保証金は最低2〜3か月必要となります。そしてアメリカは補償金を1か月分預かるといったことが相場で、アメリカは家賃を滞納したら即刻退去させられてしまい、保証金は1か月でもいいようです。

Copyright (C)2015賃貸で敷金なしの物件もある.All rights reserved.